Global Ocean Development, Let us create the future with hope.

【Global Ocean Development】
Let's create hopeful future. Let's create the harmonic, peaceful, sustainable and modern social structures in the world. Let's create those Harmonic Worlds such as Heavens or Paradises were made by the gods and many ancestors. It will be able to make those world. I think it is possible to make up them. Let's create the New global World at those Super Floating Structures like the Paradise such as the ancient Noah's Ark with people having the good will in the international cooperation at the ocean's surfaces.
My presentation of the Global Ocean Development.
私の海洋開発提案:ノアの箱舟を創ろう-Super Floating Structure
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1vNykuOVFWioP23RMf_wZ0nNsKeOj3_ri6sI3J3mAsRk/pub?hl=ja&hl=ja&output=html
My blog : ☆希望のある未来を創ろう☆

自己紹介

自分の写真

【Let's Create the future with the hope】

 世界の人口増大にともなって、生まれてくる食料問題が世界的な大きな課題となってきた。中国やインド、アジア・アフリカ諸国等の人口増大に伴って、食料資源や産業用の鉱物資源の争奪・獲得競争の激化による国際紛争の多発が予想ではなくなり、現実に、我々の生活に、影響を与え始めてきている。

私達は、我々の子々孫々のために、希望のある平和の世界を築いていかなければならない。 

世界の人口増大に対応し、新しい産業や産業労働市場・雇用分野の開発、自然再生循環系(sustainable)の経済・社会体制を築いていかなければならない。
 
私達は、地球の表面積の約70%を占める海域を有効に利用して、大型浮体式海洋構造物を活用することによって、海上での農業・畜産を発展させることができる時代を迎えている。

私達は、海洋を有効利用して、海洋牧場を展開したり、海洋資源(海洋生物、海底の鉱物)等を獲得する方法を発展させて、社会的な利益を得ることができるような時代に位地している。

現代は、世界の平和の秩序の中で安寧のある世界を実現して構築することができるような時代になってきている。

例えば洋上風力発電・洋上太陽光発電等の新産業の育成や新産業を育てて、新しい雇用創出を目的として、新しい海洋開発事業・産業を創生し、確固たる平和創生の理念に基づく海洋開発関係の新しい事業・プロジェクトを推進・発展させ、世界の青年の夢と希望を拡げながら国際的な協力を進め、安寧と希望ある未来の社会を創って行きましょう。

【プロフィールの画像は横山大観作:屈原】

2010年7月6日火曜日

The Magunesium Civilization:Lazer

【出展リンク】:  







このエントリをはてなブックマークに登録 Deliciousにブックマーク twitterに投稿する
質問:
太陽光励起レーザーを発振する媒質には、クロム、ネオジム、イットリウムといったレアメタルが使われているそうですね。これらのレアメタルを巡って世界中で激しい争奪戦が繰り広げられていますが、レーザー発生装置を大量に作れるほど、資源は十分にあるのでしょうか?
回答:
このエントリをはてなブックマークに登録 Deliciousにブックマーク twitterに投稿する
質問:
太陽光励起レーザー発生装置は、本当にランニングコストがかからないのでしょうか?
太陽光自動追尾システムを動かすためのエネルギーや、(特に砂漠では)レンズの清掃コストはどうなるのでしょう?
回答:
このエントリをはてなブックマークに登録 Deliciousにブックマーク twitterに投稿する
「低コストで超高温を実現する『太陽光励起レーザー』」で紹介したように、太陽光励起レーザーを使えば、単純に太陽光を集光するよりもはるかに高い温度を実現することができます。
下の動画は、2009年1月に東京工業大学の屋上で行われた太陽光励起レーザーの実験風景です。この時出力されたレーザーの出力は50W。この程度の出力であっても、0.1mm厚のステンレス板にいとも簡単に穴を開けることができてしまいます。
さらに次の動画は、太陽光励起レーザーで酸化マグネシウムを還元しているところです。レーザーの焦点が酸化マグネシウムの表面に合ったときに、煙のように蒸発するマグネシウムが見えます。製錬を商業化するにはまだ不十分な出力ですが、酸化マグネシウムの還元自体は可能であることがわかります。
このエントリをはてなブックマークに登録 Deliciousにブックマーク twitterに投稿する
「レーザーでマグネシウムを製錬できるか?」という記事では、酸化マグネシウムにレーザーを照射することで粉末表層が蒸発し、金属マグネシウムだけ取り出せることを紹介しました。
下の動画は、1kWのレーザーを酸化マグネシウムに0.5秒間照射した様子を、1/60で高速度撮影したものです。レーザーによって酸化マグネシウムは一瞬で気化しますが、この時、気化した物質は垂直に立ち上ります。そのため、気体から特定の元素だけを比較的容易に取り出せるのです。
現在、蒸発して回収した物質のうち、30%が酸化マグネシウム、70%が金属マグネシウムです。つまり、純度70%のマグネシウムをレーザーで製錬できています。マグネシウムを燃料として使う場合には、70%の純度でも十分です。ちなみに、ピジョン法でも最初に製錬されるマグネシウムの純度は80%程度で、それから高純度化の処理を行っています。
このエントリをはてなブックマークに登録 Deliciousにブックマーク twitterに投稿する
質問:
太陽光励起レーザーを使った場合のMgOからMgへの変換効率(現状/目標)はどれぐらいですか? プラントの試算からするとかなり高そうですが。
回答:
このエントリをはてなブックマークに登録 Deliciousにブックマーク twitterに投稿する
Carbon dioxide gas laser smelts magnesium
炭酸ガスレーザーでマグネシウムを製錬
私たちは太陽光励起レーザーで400W〜lkW級が達成できたとして、実際にマグネシウムを得ることができるのか、別タイプの実用レーザーを使って実験を行っています。400W/1kWの炭酸ガスレーザーを酸化マグネシウム粉末に0.2秒間照射すると、粉末表層が蒸発、そのガス中の30%がマグネシウム原子であることを確認しました。ここで重要なのはどれだけ効率よく純粋なマグネシウムを作れるかという点にあります。できたマグネシウムの燃焼で得られるエネルギーを生成にかかったレーザーのエネルギーで、割った値を「エネルギー還元効率」と言います。これが大きいほどよいわけですが、実験データから求めた値は45%で、目標値50%にかなり近い成果を得られています。
このエントリをはてなブックマークに登録 Deliciousにブックマーク twitterに投稿する
A "solar-pumped laser" system in Chitose
千歳の太陽光励起レーザー実験装置

20000°C相当のエネルギーを与えれば、触媒なしでマグネシウムを製錬できます。しかし、20000°C相当に相当する膨大なエネルギーを投入することは可能なのでしょうか?
子ども時代に、虫眼鏡を使って太陽光を集めて紙を焼いて遊んだ経験は、みなさんにもおありでしょう。ただ、集光によって実現できる高温には理論的な上限があります。それは6000°Cです。つまり、いくら太陽光を集めても、その発生源である太陽表面の温度を超えることはできません。けれど、人間の知恵を活かせば、さらに温度を上げられます。それが、「太陽光励起レーザー」です。

0 件のコメント:

Prisident Obama 氏の支援グループへの私のメール

President Obama 氏の支援グループへの私のメール

How do you do. 

 My name is yuuji matuoka , as a civil ocean engineer in japan , age 61. I want to present to USA President Mr.Obama my presentation (Ocean Development to making the Peaceful World : this is my life work in long time ago ) .

How do you come to be able to do it from poor life in rich life?

How to change to be able to do it from the poor people to the plentful people?

The Ocean Development was presented by J.F.Kennedy before about 40 years ago.

Here are many objects on the subjects in these difficult big projects, but I believe it will be possible and succeed.

Those many projects will be able to make up many jobs for worldwide people.

The best leader will be present both The hope and The Dream for many people believing the leader.

Please show to USA President Obama my presentation.

I hope USA President Mr.Obama will succeed as Best excellent top leader in the world at 21century.

2009.1.29
My presentation. 私の海洋開発提案:ノアの箱舟を創ろう-Super Floating Structure
https://docs.google.com/spreadsheet/pub?hl=ja&hl=ja&key=0Aj0s8hP9-4RddEtHWWRZOTlrRk1RRHc5ZzlKVk1LRVE&output=html


===============

OREC- Ocean Renewable Energy Coalition

http://www.oceanrenewable.com/
President Obama Announces Ocean Task Force On June 12, 2009, President Obama announced the formation...
Markey/Waxman legislation on Climate Change Released; News for Marine Renewables Developers On May 15, 2009, Representatives Waxman and Markey...
Congressional Renewable Energy & Energy Efficiency EXPO & Forum SUSTAINABLE ENERGY COALITION MARK YOUR CALENDAR ...
http://www.oceanrenewable.com/2008/10/30/201/
~~~ ~~~ ~~~
メールで、私に a business co-operation and your assistance の協力の申し出が米国系の機関(Matthew)からありました。 非常に驚いているところです。 この機会を生かすことができるならば、挑戦していこうと思っています。 今後この相手先へのアプローチをどのようにしていくか思案しているところです。 とりあえず、御報告をいたします。
2010.5.19
~~~  ~~~  ~~~
From: Wright Matthew Sent: Monday, May 17, 2010 6:06 PM To: undisclosed-recipients: Subject: I need your co-operation
I need your co-operation Hello , I am writing to you for a business co-operation and your assistance . I have some money, i will like to invest with you in your country on a good areas you could choose . I will give you further details when i read from you. I secured your contact through a directory and that is why I have written to ask for a business co-operation with you. I await your response. Thank you. Wright Matthew.
~~~ ~~~ ~~~
【参考リンク】: http://www.oceanrenewable.com/2010/03/12/matt-r-simmons-to-address-gmrec-iii-during-thursday-april-15th-luncheon/
~~~ ~~~ ~~~
Matt R. Simmons to Address GMREC III during Thursday, April 15th Luncheon
March 12, 2010 by TMarieHilton
Filed under Announcements, Blog, OREC Newsroom
Matthew R. Simmons is Chairman Emeritus of Simmons & Company International, a specialized energy investment banking firm. The firm has completed approximately 770 investment banking projects for its worldwide energy clients at a combined dollar value in excess of $140 billion.
Mr. Simmons was raised in Kaysville, Utah. He graduated cum laude from the University of Utah and received an MBA with Distinction from Harvard Business School. He served on the faculty of Harvard Business School as a Research Associate for two years and was a Doctoral Candidate.
Mr. Simmons began a small investment bank/advisory firm in Boston. Among his early clients were several subsea service companies. By 1973, almost all of his clients were oil service companies. Following the 1973 Oil Shock, Simmons decided to create a Houston-based firm to concentrate on providing highest quality investment banking advice to the worldwide oil service industry. Over time, the specialization expanded into investment banking covering all aspects of the global energy industry.
SCI’s offices are located in Houston, Texas; London, England; Boston, Massachusetts; Aberdeen, Scotland and Dubai, UAE. In 2007, Mr. Simmons founded The Ocean Energy Institute in Mid-Coast Maine. The Institute’s focus is to research and create renewable energy sources from all aspects of our oceans.
Simmons serves on the Board of Directors of Houston Technology Center (Houston) and the Center for Houston’s Future (Houston). He also serves on The University of Texas’ M.D. Anderson Cancer Center Foundation Board of Visitors (Houston) and is a Trustee of the Bermuda Institute for Ocean Sciences. In addition, he is past Chairman of the National Ocean Industry Association. Mr. Simmons is a past President of the Harvard Business School Alumni Association and a former member of the Visiting Committee of Harvard Business School. He is a member of the National Petroleum Council, Council on Foreign Relations and The Atlantic Council of the United States. Mr. Simmons is a Trustee of the National Trust for Historic Preservation, The Island Institute and Farnsworth Art Museum in Maine.
Mr. Simmons’ recently published book Twilight in the Desert: The Coming Saudi Oil Shock and the World Economy has been listed on the Wall Street Journal’s best-seller list. He has also published numerous energy papers for industry journals and is a frequent speaker at government forums, energy symposiums and in boardrooms of many leading energy companies around the world.
Mr. Simmons is married and has five daughters. His hobbies include watercolors, cooking, writing and travel.
=======    =======
=======    =======